住宅ローンの金利交渉について

住宅ローンの金利交渉について書かせていただきます。
住宅ローンは現在16年目になります。

住宅金融公庫と銀行のローンですが、私は基本的には金利にこだわらないほうです。
というのは、長い間少しずつ返していくほうが、他の事に使えるお金があって良いからです。
確かに大きな買い物である住宅ローンを先に片付けたほうが楽で良いですが。
その間に生活していかなきゃならないのです。
家族がいるから娘たちの教育資金のことも考えなくてはなりません。
教育資金は住宅ローンの次に大切なウエイトを占めています。
教育資金が払えなければ、娘たちは安心して大学に行けません。
子どもたちの未来にかかっています。
住宅ローンと同じぐらい大切と言えるかもしれないくらいです。
教育資金はローンは利用しません
その時にその年に入った収入内で払って行きたいと考えています。
そして、家族の心の交流である旅行も大切なお金です。
ローンをしている間に旅行もしないでは子どもたちの社会勉強のためになりません。
旅行は普段見慣れないことをやらせて、精神を安らかにさせる絶好の機会です。
だから、旅行なしでローンだけの生活というのはどうしても考えられません。
そして、子どもがいる以上は、子どものお小遣いも大切になります。
お小遣いを払っていかないと子どもたちは友達どうして好きなことをすることが出来ません。
友達の関係も大切なのです。
生活していくということは子どもを育てていくということも大事な仕事です。
子どもと共に育つという気持ちで住宅ローンと上手く付き合っていく必要があります。
よって、住宅ローン金利引き下げ交渉術はやるとすれば、残金が1000万円以下になったら、今までの金利を半分にしてもらえるかどうかということです。
それは長い間決められた金利でローンをしてきたから、せめて残りの期間で金利を下げてくれないか交渉したいという考えです。
これは私自身が考えたことでした。
後は、家族会議でみんなが納得するかどうかです。
もしかしたら、金利の交渉よりも期限が切れるまで少しずつ払っていったらと娘たちは言うかもしれません。
そうなった時に私はじゃあそれでもいいかと考え直す可能性もあるでしょう。
みんなが望むならそういうやり方もあって良いと思います。
住宅ローンに対する考え方はいろいろあって良いと思います。
ただ、少なくともいえることは、繰上げ返済だけはしたくないです。
無理に返済すると残りのお金が少なくなって欲しいものが買えず、我慢の生活になってしまうのが嫌だからです。

低金利の住宅ローンの借り方と返し方

今から、借入れをしながらでも新しい家を購入したい方は借りたお金を何年で返し、完済したいのか話し合いましょう。

大抵の場合、ある一定期間で申込みをするのが普通ですが実際にこの期間までかかる方は少ないです。

たいていの場合は、出来るだけ早く返済出来るようにしています。

ボーナスなどのまとまったお金を返済に充てるのであれば、初期費用や設定にお金がかからない所を選択しましょう。

将来かかってくる経費と今の状況を合わせて考えながら、負担の少ない借入れが出来るように努めましょう。

迷った時は評判や口コミをみてみると分りやすいですよ。

住宅ローンは家を購入するときにほとんどの人がお世話になるものです。

とても簡単に申請でき近場にある金融機関で可能ですし忙しい方はネットバンクなども利用してみると良いと思います。

なおかつ、お世話になる不動産に紹介される銀行等に決めるという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。

申請後の審査に通り、実際の支払が始まった場合10年間、控除を受けることができます。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくて自分で行う確定申告で申告する必要があります。

そろそろ自分の家が欲しいと思ったとき銀行から申し込みできる住宅購入時の貸付が良いです。

申し込み後は初めに審査がありますので、それを受ける必要があります。

まずそれに通過しないと先には進めません。

特に重要視されがちな判断材料は年収や勤続年数、また場合によっては仕事内容があります。

あわせて、カードローンの使い道なども厳しい目でチェックする可能性も高いのでもしも今後住宅が欲しいと思っているのであれば無理な使い方はしないようにしてください。

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。

ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。

ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。

低金利の借りやすい住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。

参考:住宅ローン審査に落ちたら?落ちたときはどうする?【おすすめ銀行】

35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。

審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。

低金利の借りやすい住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。

ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。

住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。

希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫またインターネットバンキングでも受付ています。

とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。

大事な事は職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。

また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も基準の中に含まれているので仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申請することをおすすめします。

マイホームの資金繰りの役立つのは住宅ローンです。

ローンの申請は、銀行や信用金庫などから行うことができます。

申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。

結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。

以上の事から、申し込めば確実に通る。

といった甘い感じではありません。

通過しなかったケースも多々あります。

基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が一つのラインと言われています。

念願のマイホームの購入をしたいが、高くて買えないそんな方にお勧めなのが中古物件の住宅ローンです。

但し、注意点があるので気をつけましょう。

一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。

その理由として古い物件なので耐久力が劣っている場合が考えられ返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。

メリットだけを見て選んでしまうと、後から問題が発生したり思っていたよりも高い支払いを迫られるかもしれません。

またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせてどれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

低金利の借りやすい住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査は大変厳しく行われます。

審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。

審査を通過しないと低金利の借りやすい住宅ローンは組めません。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかるようです。

どこの会社の住宅ローンを選ぶかこれも大切なポイントですが、実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。

ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないためにローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。

それなのに、低い金利が続いている今の世の中ではおよそ4割の方はこちらを選択しているという結果があります。

是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら今後の負担を少しでも軽く出来るよう資料探しから始めませんか。

自分の家が欲しいと思ったとき一般的には住まいの融資に頼る人が多いと思います。

たくさんある金融機関、どこでも申し込み可能なので評判が良い所を探したいですよね。

その際、参考にしたいのが口コミサイトです。

サイト上には、資金関係はもちろんのこと働いている方の態度や店の感じまで細部にわたって書かれていたり、星の数で点数を表している場合もあるので良い契約条件で納得したいと思っている場合は参考になると思います。