住宅ローンの金利交渉の注意点

知り合いの方で、金利の交渉で、地銀にて受託ローンを10年固定2.05%を考えている方がいるのですが、住宅の価格交渉のようにローンの金利交渉は可能なのか気になるようなので、調べてみたのですが、10年固定で2.05%はかなり優遇されているようなのですが、11年目以降の優遇幅はどの程度なのか調べたほうがいいそうで、最初の10年間は大事ですが、それ以降のほうが長期になりますので重要になります。
優遇幅は交渉することもできますが、交渉の方法として、給振や公共料金などの各種施策で話すよりも、他行と競合させるのがもっとも早いそうで、例を挙げると10年間固定で2%以下の銀行を見つけるか、10年は2.2%としても11年目以降に1.5%の優遇がついてくる銀行を見つけるなど、支払い総額がもっとも少なくてすむ金融機関を競合させるのがいいそうです。
ローンには、個別の金利優遇といった概念は内装で、ローンに金利優遇があるのであれば、各金融機関ごとに予め規定によって定められています。
規定にない優遇はどんなに高く定期をするといってもできないそうで、例を挙げると金利優遇規定には公共料金の引越し講座にしていて、給与受け取り口座に指定したり、クレジットカードを契約するなど、各金融機関によってさまざまです。
ただ、定期預金をするというのはないそうで、定期預金するお金があれば、ローン借入額をその分小さくすることが可能で、金融機関がお客様にとってデメリットになることをするのは歩積、両建といって禁じられています。
各金融機関の金利優遇を調べてみて、優遇後に一番金利が安くなる先を選ぶといいそうです。
金利交渉をするのは可能ですが、10年固定で2.05%はかなり低めなので、これ以上金利を下げることは難しいかもしれないようで、金利を抑えたい場合は変動や少し固定機関の短い固定金利を選択してみるのも手です。
一つの地銀を給与や公共料金で利用しているからといって、住宅ローンの条件が当地銀が一番いいとは限らないようで、金利を安くしたいと考えるのならば、ほかの金融機関も視野に入れた上で、検討してみるといいようで、住宅ローンを考えるときに自分自身でも住宅ローンについての知識などをある程度は必要になりますので、住宅ローンのアドバイスをしているコンサルタント会社で、相談無料を受けられますので、住宅ローンについて、一度相談してみるといいかもしれません。

参照先 住宅ローン金利動向予想!今後の金利推移は?【2014年12月更新版】
住宅ローン金利を徹底的に調査して毎月最新の金利動向と推移がわかりやすく開設してくれているサイトです。住宅ローンランキングを上手に活用して今一番お得な銀行を利用すれば、ローン選びで失敗したと公開することはないはず。住宅ローン金利動向をきちんとチェックしたい方必見です。